オートエクゼ/オートエグゼ、スポーツタイロッドエンド
[Sports Tie Rod End] HIRANO TIREオンラインカタログ




Sports Tie Rod End
ローダウン対応のタイロッドエンド。

ステアリングと前輪左右のナックルを連結し、タイヤの向きを変えるタイロッドは、純正車高を基準に、地面に対してほぼ水平になるようにレイアウトされている。しかし、車高ダウン時には、タイロッドが連結されるナックルの位置が上方向に変化するため、タイロッドの角度も上向きに牽引されてしまう(静止時)。

で、サスペンションがストロークするとどうなるか?サスペンションは上向きになった状態を基準に弧を描いて上下に動くので、タイロッドは純正車高時より横方向へ引っ張られる傾向に。結果、ステアリング操作以外でタイヤの向き(トー)を変化させるバンプステアを誘発。ハンドリング特性や直進安定性に変化を与えてしまう。

図を見ていただくと一目瞭然であるが、「スポーツタイロッドエンド」は、ボールジョイント部の長さを変更することで、ローダウン時のタイロッド角を適正値に補正し本来のステア特性を復活させる新アイテム。素材に高強度な冷間鍛造炭素鋼(S45C)を用いているのも見逃せないポイントだ。コーナリングマシンの素性を存分に引き出して欲しい。

スポーツタイロッドエンド概念図

1.純正車高時、通常タイロッドは、地面に対して、ほぼ水平になるように設計されている。

2.ローダウン時、純正車高を基準に設計されたタイロッドは、上向きに変化。結果、バンプステアを誘発しハンドリングが変化。

3. 「スポーツタイロッドエンド」は、ローダウン時のタイロッド角を水平方向に補正。クルマ本来のステア特性を復活させる。


<RX−8装着状態>
<ロードスター(NCEC)装着状態>
<車種別適合表>

税抜き定価¥20000→当店価格¥15810(税抜き)


AUTO EXE目次へ